‘海外’ カテゴリーのアーカイブ

上海出張

2012年2月17日 金曜日

2月序盤に機会があって、上海へ出張に行ってきました。
学生時に留学してから、たまに上海へ行く機会はありましたが、今回のように一週間程滞在するのは本当に久しぶりです。


まず浦東空港から市街地まで車で一時間弱程の道のりも、10年前くらいは四方に何もない道をただ走っていただけなのに、家がどんどん建っていました。
予想を超えた発展に驚きです。


仕事もそこそこに、久しぶりの本格中華を食べました。
いいところばかり連れて行ってもらったので、どれもおいしかったです。

20120206170145

20120204114341

20120205200753




時間が空いた時には上海博物館にも行きました。
今の美術市場を騒がせている中国美術の最高峰であろう物が沢山展示されていました。
とても勉強になったのですが、見ていて癒される日本美術と違い、中国美術が放つ、何か「圧」のような物に圧倒され、見終わった頃にはすっかり疲れてしまいました。
官窯の物が多いからでしょうか。。

久しぶりの上海はとても刺激的で、モチベーションも上がりました!!

leeum博物館

2010年12月4日 土曜日

実は先日、韓国へ出張してきました。
お目当ては、国立博物館で特別展示されていた「高麗仏画展」。
高麗仏画をひとつの場所でまとめて拝見できる機会は滅多にないので、行ってきました。



でも、実は・・・・見れなかったんです。


私が韓国に滞在していた時期は、ちょうどG20の時期と重なっていて、臨時休館していたのです!!
国立博物館のHP(韓国語)には表記されていたらしいのですが、日本語版、英語版には無表記とのことでした。
ひどすぎるぜ韓国!!



ということで、今回はお目当ての物は見れずに、辛い物を食べて、サムスン美術館「Leeum」に行ったり、仕入れを試みたりと、初めての韓国を満喫してきました。

DSCF1346

建物自体が現代美術のような佇まいなのですが、やはり所蔵している古美術品が気になります。


残念ながら撮影禁止だったのですが、李朝の染付壺や新羅仏など、いいものがたくさん展示してあって、何周もしてしまいました。

DSCF1340
こういう建物自体が現代美術のような様式は、グッゲンハイムを訪れたときと似たような感覚を持ちました。

そして訪れるはずの高麗仏画展に割くはずの時間を仕入れに費やした結果、ひとつの盃と出会えました。
RIMG0840



分院の盃です。大きさもちょうどよく、無傷なのがうれしいところ。長い間お酒の席で活躍してくれそうですね。
DSCF1350
ご飯も想像通り、どれもおいしかったです。特にこの鱈鍋がおいしかったです。

リベンジもかねて、また韓国行きたいです。