2011年5月 のアーカイブ

白洲正子 神と仏、自然への祈り展@世田谷美術館

2011年5月8日 日曜日

ずっと行きたかった、世田谷美術館へ出かけることにしました。
天気もいい日だったので、まずは経堂へ寄り道して、喫茶「李白」にて一休憩。

F1000155


雰囲気も好みで、何よりも店内のいたるところに李朝の美術品が展示してあって、前から行きたかったんです。

カフェオレを注文する前に店内を散策させてもらい、飲み終わった後も店内の美術品と向き合う、いい時間でした。
行かれた事ない方は、是非一度行ってみてはいかがでしょうか。



茶房「李白」
東京都世田谷区宮坂3-44-5
最寄り駅 経堂
営業時間 [平日] 12:00 – 19:00 [土曜日] 12:00 – 19:00 [日曜・祝日] 12:00 – 19:00


そしてお目当ての世田谷美術館へ。

骨董屋をしていて普通の勤め人の方と比べて曜日を自由に使えるはずなのに、GWに来てしまい、混み具合が心配でしたが、夕方近くだったため、思ったよりかは混んでませんでした。
白洲正子が訪れた社寺の美術品がそろって展示されていて、どれもこれもいいもので、ため息が出るばかりでした。



特に好きなのは、「明恵の犬」と呼ばれている、高山寺明恵上人愛蔵の「狗児」です。
理屈抜きに愛くるしい姿に顔がほころぶばかりでした。
白洲正子が愛した木彫十一面観音像もとてもよかった。。。
いい展示会を見ると、毎回思う事ですが、いつの日か、こういう理屈抜きに美しい物を扱ってみたいものです。

狗児の絵葉書を帰りに買いました。誰に出そうかなぁ。。

20110508192143