2013年1月 のアーカイブ

謹賀新年

2013年1月9日 水曜日

皆様、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
年末年始は徳島と京都でゆっくり過ごしました。息子だけでなく、甥っ子や姪っ子の成長にも驚かされます。
変わってないのは自分だけ。。(笑)

IMG_20130103_131726

鞍馬寺で頂いた甘酒が冷えた体に沁みました・・。



去年一年も、御蔭さまで充実した一年でした。
「まどか」「tokyo antique fair」「目白コレクション<春><秋>」といった催事も御蔭さまで楽しい催事になりました。
今年も上記の催事のために仕入れに励みます!



今年一発目のお仕事のお知らせです。

新潟出身、冨江洗心堂の冨江君と、沖縄出身、観宝堂(OKINAWA)の吉戸君と三人で商品を持ち寄って催事を行います。
同い年ということもあって普段から仲良くさせてもらっているのですが、お誘いを頂きまして、初めて一緒に催事をすることになりました。
それぞれ三人の父親同士も仲が良く、その息子たちがどのような化学反応を起こせるのか・・(書いていて大げさだと思いながら)楽しみです。肩の凝らない楽しい催事になると嬉しいです。
お時間が合えば、どうぞお気軽にお越しください。


第2回古美術SUNDAYマーケット

1月12日、13日、14日
12時~18時
CAFE SUNDAY
世田谷区池尻2-7-12


12月提出の俳句です。

・銀紙を黒く染めゆく焚火かな
・賀状書く上書き保存を繰り返し
・子に顔を蹴られて目覚む湯婆かな
・息吹けば朱色が広ぐ炭火かな
・浅漬や試食コーナー楊枝刺し
・手の甲に載せ浅漬を試食せる
・残り汁黄身を溶かしておでんかな
・焼鳥や一味振りつつ友語る

先月から毎月俳句を発表する・・とは我ながら自惚れた、恥ずかしい事を書いてしまった・・・と反省しつつ、反省と俳句創作への向上心のために・・めげずに載せます。。