2014年6月 のアーカイブ

Tokyo Antique FAIR を終えて。お花の事。

2014年6月19日 木曜日

先日、Tokyo Antique FAIRを、無事終える事ができました。


小心者なので、飾り付けや展示する物、人が沢山来てくれるのか、など催事が始まる前は色々と頭を悩ませているのですが、いつも始まってみるととても楽しいものです。


東京美術倶楽部という会場。実績のある有名店の方々の肩をお借りしての催事は中々緊張しますが、今回も沢山の出会いと新しい発見がありました。


お花は3月末の催事「まどか」や目白コレクションでもお世話になっている、横川志歩さんに活けてもらいました。

彼女が活ける花がとても好評で、沢山の人を温かい気持ちにさせてくれました。
僕自身、仏教美術、古美術の中でも比較的渋いものが好きということもあり、全体的に渋く仕上がりがちなんですが、そういった渋めのものに鮮やかな花が入ると、明るいアクセントが加わって、全体的な雰囲気が華やかになります。


横川さん自身も古美術が好きで花が主張しすぎず、かつ古美術の魅力を最大限に生かしてくれるような生け方をしてくれるので、とても助かっています。



横川さんは今年の秋あたりから港区で生け花(という表現でいいのでしょうか)の教室をされるそうです。
ご興味のある方は私に直接お声がけするか、お問い合わせtwitter facebook 等からご連絡下さい。

横川さんが活けてくれた物をご紹介します。携帯電話での簡易撮影ですがご容赦下さい。ちゃんとしたカメラで撮ればよかった。。実物はもっといいですよ(笑)

1403098067707

花器:信楽壺(室町時代)
花:夏椿(枝もの)、桜の苔木、仙翁、蛍袋、岡虎の尾、山紫陽花

1403098062016

花器:籠掛花
花:鉄線、岡虎の尾、アケビの蔓(葉なし)

1403098057357

花器:竹花活(売約済)
花:破れ傘、山紫陽花、仙翁



Tokyo Antique FAIRに沢山のご来場、ありがとうございました。来年にむけて一年間、じっくり品物を蒐めます。

催事のお知らせ  TOKYO ANTIQUE FAIR

2014年6月12日 木曜日

催事のお知らせです。
年に一回、東京美術倶楽部にて催される催事、Tokyo antique fair が今週末に行われます。

一年というのは本当にあっという間ですね。この催事も今回で第三回目となりました。


今回は緊張感のある線や作りが魅力的な中国の金工品や陶器や日本・朝鮮の仏教美術を中心に、思わず使ってみたくなるような酒器、花器などを並べます。


今の今まで展示方法で頭を悩ませています。いつも、理想とする展示方法にはならず苦しんでいるのですが、色々な催事を重ねる毎に少しずつ改善されているような気がするような気がしなくもありません。経験を重ねて少しずつでも、美術品の魅力を最大限に生かせる展示方法を目指します。



TOKYO ANTIQUE FAIR のfacebookページでは出店業者の紹介や会場の地図など、フェアーの様々な情報を載せていますので、是非ご覧下さい。


それでは会場でお待ちしております。

B5チラシ

TOKYO ANTIQUE FAIR 2014

東京美術倶楽部3・4階会場
6月14日(土) 10:00~18:00
6月15日(日) 10:00~17:00