2015年5月 のアーカイブ

催事のお知らせ Tokyo antique fair 2015

2015年5月26日 火曜日

催事のお知らせです。
年に一回、東京美術倶楽部にて催される催事、Tokyo antique fair が六月初旬に行われます。


この催事も今回で第四回目となりました。



10641188_1000305466676859_884659897754771274_n

前回までは二坪のスペースで展示しておりましたが、今回から三坪に。どのように展示するか考えを巡らせております。
木彫仏や金銅仏など、仏教美術を中心に、花器や酒器、壁に掛けられるものなど、魅力のあるものを並べたいと思います。

TOKYO ANTIQUE FAIR のfacebookページでは出店業者の紹介や会場の地図など、フェアーの様々な情報を載せていますので、是非ご覧下さい。
今回から新たな試みとして、本来搬入日である、初日の6日(土)はお客様も15時から入場できるようになりました。
一足先にご覧になりたい方は、是非いらしてくださいね。

それでは会場でお待ちしております。


TOKYO ANTIQUE FAIR 2015

東京美術倶楽部3・4階会場 港区新橋6-19-15
6月6日(土) 15:00~19:00
  7日(日) 10:00~18:00
8日(月) 10:00~17:00

関西出張仕入れの旅

2015年5月21日 木曜日

10日あたりから一週間くらい、久しぶりに長めの関西出張に行って参りました。
その間、店を閉めておくのは少々忍びないのですが、一人で切り回ししているために仕方ありません。
留守中にお店に来て頂いたお客様もいらっしゃったようで、申し訳ございません。また懲りずに遊びにいらしてください。
お手数ですが、ご来店の前にお電話頂けますと、折角来てやったのに留守!という事態は避けられるかと思われます。


関西出張では京都・大阪の交換会に出席し、いくつか楽しいものが買えました。近々HPでご紹介できればと思います。


途中、仲良くさせてもらっている業者の先輩と、奈良へ行ってきました。折角行くのなら、近めの奈良国立博物館ではなく、飛鳥資料館へ行ってみようではないか、ということで、車で二時間かけて飛鳥へ行ってきました。
飛鳥資料館では、「はじまりの御仏たち」という企画展をしていて、山田寺の塼仏や押出仏など、小さくも魅力のあるものが展示されていました。一時間ほど見たあと、近所なので、石舞台古墳へ足を延ばし、石舞台古墳を間近で見てきました。


DSC_0202


天候に恵まれ、本当に気持ちのいい奈良出張だったのでのですが、古墳内部に入ってみると、ひんやりと涼しく、とても充実した時間を過ごすことができました。


DSC_0203


石舞台古墳は7世紀初頭に築造されたと推定されていて、蘇我馬子の墓ではないかといわれているようです。
石舞台 という名前の由来は、石の形状からとされていますが、昔、キツネが女性に化けて石の上で舞を見せたという説や、この地にやってきた旅芸人が舞台がなかったため、仕方なくこの大石を舞台に演じたからという説もあるそうです。


帰りは修学旅行生の女子高生に混ざって古米ソフトクリームを食べて帰りました。古米の味はよくわかりませんでしたが、そんなことはどうでもいいのでしょうね。楽しかったです。

森岡書店さん

2015年5月8日 金曜日

GWも終わり、気持ちのいい気候になってきましたね。

そんな中、僕のお店がある通りに新しいお店がオープンしました。


森岡書店さんです。すでに茅場町にお店をお持ちの森岡さんが、銀座一丁目で新たに店舗を構えられました。
鈴木ビルという、古くて雰囲気のいいビルの一階で、一冊だけの本を売るお店 というコンセプトのもと、シンプルな空間に恰好よく額や本が展示されています。
僕たちの店があるこの辺りは、京橋に比べると店舗数は少ないですが、現代アートのお店や、ギャラリーなど、徐々に美術のお店が増えてきています。
人気のある森岡書店さんが近所に来てくださって、とても嬉しいことです。何かお互いが影響しあって、このあたりを新しい美術のスポットとして盛り上がっていけばいいなぁと思っております。是非足をお運びください。

DSC_0163


森岡書店銀座
「PUNK」沖潤子 展
初日が終わり電球を磨く店主
後ろの壁の色彩は夜の間だけ見る事が出来る作品
2014/5/5-5/17 13:00-20:00
森岡書店銀座
中央区銀座1-28-15 鈴木ビル1F…
03-3535-5020

HP更新、茂木健一郎さん著「美の仕事」

2015年5月1日 金曜日

脳科学者の茂木健一郎さんが出版された本「美の仕事」に掲載して頂きました。
茂木さんが、目の眼の編集長である白洲信哉さんと一緒に美術に触れていく・・という本です。以前、我々が毎年一回催してる「まどか」の取材に来ていただいたんです。その様子が記載されています。

DSC_0140


その本を開いてみると、壺中居さんや繭山龍泉堂さんから、著名な古美術商の方々・・。「まどか」もこの中で紹介されて、恐縮すると共に有難く思っております。本屋さんで見かけたら是非ページを開いてみてください。


ちなみに、本の中では僕のことを「僧侶のような出で立ち」とか書いてくださっていますが、そんなに徳の高い人物ではございません(笑)

DSC_0139


久々にSHOPの商品を更新しました。これからは順次更新していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


五月は2~6は仕入れと祝日のため、11~16は関西仕入れ出張のため、20.23は仕入れのため、休業させて頂きます。休業が多くて申し訳ございません。お店へ来ていただける際はお電話頂けると幸いです。来ていただいていないと、申し訳ありませんので。
03-6264-4150