2015年11月 のアーカイブ

2015年11月19日 木曜日

関西出張などなど、西の出張が多めの11月です。


昨日は東京に戻ってきて、松涛にある松涛美術館の古代エジプト美術の世界展を見てきました。
エジプト美術は日本美術市場に出てくる事は本当に稀で、手に取れる機会はほとんどないのですが、修業中からファイアンスのウシャブチやスカラベは好きでした。
数年前にニューヨークのメトロポリタンに行った時、エジプト美術コーナーに足を踏み入れ、ミイラや壁画など、どこか呪術的要素の強い美術品に囲まれていると、なんだかわからないのですが、不思議な圧のようなもので気分が悪くなってくるような気がしたものでした。

でも今回の松涛美術館のは小品が多く、あまりそういった不快感になることはありませんでした。とにかく一つ一つのキャストが抜群にいい!美術品として美しい。ファイアンスのブルーの色彩も素晴らしい!カバが可愛い!!そんな可愛いカバも説明文には「当初カバは幸福な意味と不幸な意味がある存在とされ、天国に行くのを邪魔するとされていて・・」みたいなテンションが落ちるような事が書いてあり、やはり可愛いだの綺麗だのだけでは済まされないエジプト美術の深淵を少し覗いたような気分でした。


僕の店に置いてあるものは器だけとか仏教美術だけとかではなく、色々な国の色々な物が置いてあります。それゆえに、お客様にはよく「どういったものがお好きなんですか?」と聞かれます。それを聞かれるたびに「感覚的に好きなもの」とざっくりした説明しかできなかったのですが、今回のエジプト展を見て、もう少し踏み込んだ答えが出たかもしれません。

僕は「色彩」を基準に物を選ぶ事が多いような気がします。今回でいうところのファイアンスのブルーは本当に好きな色だし、二月堂焼経の紺紙とプラチナと焼けたピンクと茶色の中間のような色のバランスも好きだし、微かに残る、鎌倉時代の彩色の鮮やかな赤と落ち着いた緑も好きです。デルフトのマットな白も好き。だから店の壁はどんな色も引き立つような白にしたのでしょうか。そんな事をふと考えさせてくれる美術展でした。


古代エジプト美術の世界展
松涛美術館
11月23日まで
10時~18時(入館は17時半まで、金曜日は19時閉館)

11月の予定 

2015年11月5日 木曜日

気が付けば11月。随分肌寒くなってきました。皆様風邪等ひかれないように体調管理気をつけてくださいね。


9月から芸術の秋ということもあり、お陰様で毎日何かと忙しく仕事させてもらっています。
同業者のオークションが色々あったり、目白コレクションがあったり、中国美術オークション、オークショニアの仕事があったり。その合間に店を開けてたり閉めざるを得なかったりして、数々のお客様にお手数をおかけしたと思います。すいません。


中国美術経済に関しては、中国景気の割にはそこまで心配することもなさそうですが、それは勿論何でも売れるわけではなく、いい物がきちんと正常に評価されるというだけのことです。ある種当たり前の事なのですが、数年前から始まった中国バブルの頃は何でも高値で取引された異常な事態でした。それが正常に戻ったというだけの話です。
それでも不景気の影響が全くないわけではなく、相当レベルの高い、いい物も以前に比べるとその値段の伸び率は物の割には高くなくなってきています。これから数年先の事はわかりませんが、1年以内の予想をさせてもらいますと、益々その傾向は強くなっていき、いいものは評価はされるけど、その評価されるものは競争率が高くなっていくと思います。まぁそれも僕の店に来て下さるお客様にはほとんど関係のない話ですね。


話は変わり、今日は友達と近所の有名店、LA BETTOLA DA OCHIAIでランチをしてきました。僕の店から歩いて10秒のところにあり、いつ行っても行列で恥ずかしながら初めて店内で食事をしました。


DSC_0726


DSC_0727


僕が説明するまでもない名店ですが、とても美味しく、前菜+パスタで2000円弱はクオリティの割には高くないと思います。ワイン飲んだりドルチェ食べたりするともっとかかるんでしょうけどね。でもとても美味しい。ランチもディナーも予約できますが、ランチは予約なしでも入れることもあり、その場合は店の看板に「すぐにご案内できます」といった物が掛かっています。
僕の店の近所は本当に美味しい店が多いです。お客様や大事な友人を招待できるように引き続き探索して紹介したいと思います。


11月は業者の交換会が多いのと、家庭の事情で、ちょっとお店を閉める日が多くなっております。申し訳ございません。



11月の定休日 7,11,12,13,14,15,16,17,20,21